歯科医院での治療について私が実感したこと。

歯科医院での治療について私が実感できた内容としましては、少々痛みで、ビクついても、東京でも人気の審美歯科にはこんなにそのまま継続されることがある先生と、麻酔を度重なり打ってくださり、少しでも不安と痛みから開放してくださる先生とで分かれると思いました。また、私の記憶としましては、私が幼少期の頃に、子供の歯が中々取れなくて、歯医者を探すために東成区でもおすすめの今里の無理やり歯科の先生に、ペンチで引き抜かれたことがあったのですが、大量の出血に伴い、凄く痛かった記憶がありました。しかし、それは昔だからこ許されたのであろうなと思いました。また、今現在でも、不信感を抱く先生と不信感を抱かない先生に分けられることができます。私が、代々木や千駄ヶ谷で歯医者を口コミすると不信感を抱いてしまいがちな先生としましては、もうとっくに虫歯の治療が終わっているのにも関わらず、「ちょっと銀歯の下が気になるので見てみますね」と言う形で、歯並びをよくするには今里でどんなに了承を取らないまま、虫歯がないか調べると言うものでありました。さすがに私はこのやり方は、「明らかに診療点数を稼ごうとしているやり方である」と思える形でありましたので、自宅に帰ってから家族に打ち明けますと「いや、それはオカシイでしょう」と言う形で、やはり、その文京区の歯医者の評判ではどんなに診療点数を稼ごうとする先生と削る場所は必要最低限にとどめてくれる先生とに分かれると思いました。