歯科医院での前歯の治療

以前に歯科医院で前歯にできた虫歯の治療を行ったことがあります。前歯は人目につくために上手に治療してもらえるのかが心配でした。虫歯は歯の裏側から臼状に広がっており、歯の一部が薄っすらと茶色っぽくなっていました。歯科医院ではこの虫歯を前から削り、茶色い部分をすべて取り除く治療がなされました。麻酔が効いていたためにどれだけ削られたのかがわかりませんでしたが、舌先で確認してみるとかなり削られていたように感じました。その後柔らかいプラスチックのようなものが詰められ、特殊な光線を当ててプラスチックが固められました。しばらくしてから倒されていた治療台が起こされ、歯科医から「うがいをしてください」と言われました。水で口をゆすぎ、その後鏡を使って治療個所を見せてもらいました。すると歯はきれいに治療されており、どこに虫歯があったのかは全く分かりません。治療費も高くなく、ほっとしました。治療を受けてから数年が経ちますが、違和感もなくものを食べることができています。治療に使用された素材は金属に比べると強度は低いのかもしれませんが、前歯に力を入れてものを噛むことは滅多にないために、問題ないのでしょう。歯科医院のこの治療にはとても満足しています。